NIEとは

  1. NIEトップ
  2. NIEとは

NIEとは

NIE(Newspaper in Education=「エヌ・アイ・イー」と読みます)は、学校などで新聞を教材として活用することです。1930年代にアメリカで始まり、日本では85年、静岡で開かれた新聞大会で提唱されました。その後、教育界と新聞界が協力し、社会性豊かな青少年の育成や活字文化と民主主義社会の発展などを目的に掲げて、全国で展開しています。

日本新聞協会は96年にNIE基金を発足させるとともに、NIE事業を「新聞提供事業」と「研究・PR事業」に分け積極的に推進し始めました。そして、NIE事業は、新聞協会から98年3月2日新たに設立された日本新聞教育文化財団(新聞財団)へと引き継がれました。

学校に新聞を提供する活動は、89年9月パイロット計画として東京都内の小学校1校、中学校2校でスタートし、96年に「NIE実践校」制度となった翌97年には、47都道府県全ての地域での実践が実現しました。当初、学校総数の1%である400校を目標としていましたが、2004年にこれを達成。その後は500校を目標に掲げ07年に達成しました。09年4月から「NIE実践指定校」制度として活動を進めています。

また、全国47都道府県に教育界、新聞界の代表で構成されるNIE推進協議会が設立され、地域のNIE活動の核となっています。

新聞財団は11年3月に新聞協会と合併し、NIE事業は新聞協会で引き継ぐこととなりました。

NIEは世界共通

世界新聞・ニュース発行者協会(WAN-IFRA)の調査によると、NIEは、世界80か国以上で実施され、多くの国で「民主主義を支え、よりよい市民を作る」と考えられています。

アメリカ、フランス、ノルウエーなどではNIE週間を設け、期間中、新聞記者が学校で記事の書き方を指導したり、教師向けセミナーや公開授業を開催しています。このほか、実際に授業で使う新聞の提供を実施しているところもあります。

またWAN-IFRAは2014年10月、若者読者育成のためにNIEなどの活動を長く牽引してきた12か国のメディア団体を認定し、日本新聞協会もこの一つに選ばれました。今回選ばれた団体は、アメリカ、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、オランダ、フランス、ドイツ、ブラジル、日本、韓国、コロンビア、ベルギーのメディア団体。(1)若者がニュースを上手に利用する取り組みを長期間にわたって行い、国内・地域の新聞社の若者読者対策を支援している、(2)この取り組みに相当数の人員を充てている、(3)若者読者対策において成果が上がる施策を定期的に実施している――団体として評価されました。
◎世界のNIE殿堂入り~トップ12か国~(Center of Youth Engagement Excellence)
活動歴の長い順に表記
米国:米国新聞協会(1961年~)
デンマーク:Danske Medier (1962年~)
フィンランド:フィンランド新聞協会(1964年~)
ノルウェー:Mediebedriftenes Landsforening(1970年~)
オランダ:オランダ・ニュースメディア協会(1976年~)
フランス:フランス日刊全国紙協会(1977年~)
ドイツ:ドイツ連邦新聞発行者協会(1980年~)
ブラジル:全国新聞協会(1980年~)
日本:日本新聞協会(1985年~)
韓国:韓国新聞協会(1985年~)
コロンビア:コロンビア日刊新聞協会(1993年~)
ベルギー:ベルギー仏語新聞協会(1994年~)

NIE実施国

ここに掲載する「NIE Get Started(さあ、NIEを始めよう)」(2005年)は世界新聞協会(WAN)事務局が新たにNIEを始める人たちのために作成したものです。日本新聞協会(新聞財団NIE部=当時)が翻訳しました。

WANは2009年7月、国際新聞技術研究協会(IFRA)と組織を一元化し、現在は世界新聞・ニュース発行者協会(WAN-IFRA)となっています。

多彩なNIEの実践

NIE実践指定校だけでなく新聞を教材として活用することは、古くから社会科や国語科を中心に行われています。NIEにはこうした新聞活用のほか、「新聞や新聞記者について学ぶ」「新聞づくりを通して学ぶ」――ことも含まれます。先生の指導のもと「朝の時間」で新聞を読むのもNIEといってよいでしょう。

全国のNIE実践指定校では、工夫をこらした多彩な取り組みが行われています。その一部をご紹介します。

  • 新聞に載っている写真から物語をつくる(小学校低学年)
  • 新聞で報道された「人」から、人間としての生き方や努力を学ぶ(小学校中学年)
  • テーマを決めて新聞記事を集め、見出しや感想をつけて「スクラップ新聞」を制作する(小学校高学年)
  • 新聞記事からディベートのテーマや主張の素材を探す(中学校)
  • 新聞報道の中から賛否の分かれる話題を選び、自分の意見を書いて投書する(中・高校)
  • 選挙に際し、政党や候補者の主張と問題点を新聞などのメディアから集めてまとめ、模擬投票をする(高校)

新聞活用は家庭のほか、大学や地域生涯教育での実践も広く行われています。

NIEでつく閲読習慣

子どもたちの「読解力」の低下や文字・活字離れが心配されるなかで、成果をあげているのがNIEです。日本新聞協会(新聞財団=当時)が実施した「NIE効果測定調査」によると、児童・生徒の新聞を読む頻度がNIEを通じて校種を問わず拡大しています(注:同調査は現在は行っていません)。

これまで新聞を読まなかった子どもたちも新聞を手に取るようになり、新聞の閲読習慣が芽生えていることがうかがえます。

第5回調査でNIEによって児童・生徒にどんな変化がみられたかを先生にたずねたところ、約75%が「新聞を進んで読むようになった」と回答。

このほか、「記事について友人や家族と話すようになった(約70%)」「生き生きと学習する(約60%)」「自分で調べる態度が身に付く(約68%)」といった項目で、多くの先生が児童・生徒の学習態度の変化を指摘しました。

新聞活用後の児童・生徒の変化

日本新聞協会(新聞財団=当時)「第5回NIE効果測定調査」2009年より

OECD調査でも「読解力向上に新聞は有効」

経済協力開発機構(OECD)の「生徒の学習到達度調査(PISA)2009年」によると、子どもたちの総合読解力と新聞の閲読頻度に相関関係があることが分かります。

日本の場合、新聞を読む頻度を「週に数回」と回答した者の得点が530点、「月に数回」と回答した者の得点が533点と高く、頻度が下がると得点も下がり「全くない、またはほとんどない」は492点でした。

新聞閲読頻度が高いほど総合読解力の得点が高いという傾向は、日本だけでなく他の国においても同様にみられます。

国名
都市名
新聞閲読の頻度(%) 総合読解力平均点
全くない
または
ほとんど
ない
年に
2~3回
月に
1回程度
月に
数回
週に
数回
全くない
または
ほとんど
ない
年に
2~3回
月に
1回程度
月に
数回
週に
数回
日本 21.7 9.2 11.5 19.7 37.8 492 517 524 533 530
上海 6.7 8.3 13.8 25.0 46.0 512 535 539 559 570
韓国 19.4 18.8 16.4 20.7 24.2 509 538 534 551 560
フィンランド 2.9 6.9 14.6 28.5 46.3 493 520 530 533 545
香港 4.0 4.3 7.5 23.2 60.8 496 502 524 534 539
シンガポール 2.9 6.0 7.6 24.1 59.3 495 496 511 531 531
カナダ 16.6 16.4 18.7 25.2 22.4 509 524 529 531 531
オーストラリア 13.1 15.3 17.6 26.9 26.4 501 511 517 522 523
米国 25.5 19.6 17.3 20.6 16.1 487 507 508 508 498
フランス 21.0 16.0 15.9 21.2 25.1 470 504 504 506 503
ノルウェー 6.5 7.2 12.8 25.7 47.3 461 489 499 501 515
スウェーデン 6.8 7.9 13.5 26.4 44.6 430 472 485 505 515
OECD平均 12.7 11.0 13.7 23.8 38.0 469 486 494 501 500

話題のニュースで親子が対話

NIEを通じて子どもたちは、読解力だけでなくさまざまな力を身につけます。新聞に親しみながら家族との対話を深め、コミュニケーション力を身につけていることも明らかになっています。

日本新聞協会(新聞財団=当時)が2004年に実施した「保護者に対するNIE調査」によると、保護者の多くが授業で新聞を活用することを評価しています。

子どもが新聞を使った授業を受けていることについてどう思うかとの問いに、保護者の9割が「よいことだ」と回答しています。その理由としては「社会に関心を向けるきっかけとなる」が最も多く、新聞を読むことでコミュニケーションが増えたり、視野が広がったりするのを期待していることがうかがえます。

「子どもが新聞を読んだことについて親に話すことがあるか」の質問に、ほぼ半数が「ある」と答えています。話題にするのはスポーツに関する記事が最も多く、テレビニュースなどで話題になっている記事、テロや戦争に関する記事といった回答もみられました。

家庭で新聞を読む活動(ファミリーフォーカス)は、家庭版NIEです。家族で新聞を読むことを勧めている東京都練馬区立光和小学校の竹泉稔先生に、そのコツをご紹介いただきました。

地域に根付くNIE

公民館や地区センター、図書館などを会場に、生涯学習や親子学習で新聞を活用する事例も増えています。子どもと大人が新聞を題材に対話する世代間交流の講座や、地域の高齢者同士が新聞を通じて交流する講座、新聞記者などが講師となって新聞の読み方や報道の仕組みを説明するプログラムなどさまざまな取り組みがあります。

白鷗大学非常勤講師の渡辺裕子さんに地域NIEの実践例をご報告いただきました。

児童・生徒の感想から

「生きた教材」である新聞を通じて子どもたちは多くの発見をしています。そんな児童・生徒の感想を、実践指定校の実践内容を地域ごとにまとめた「NIE実践報告書」からいくつか紹介します。

小学生

  • ぼくはいつもテレビしか見てないんだけど、テレビで放送している以外にも新聞はくわしくのっているんだと思いました。
  • 新聞を読む機会が増えた。記者や記事が伝えたいことは何だろうかと思って読むようになった。
  • 新聞の難しい言葉も読んで理解しようとするから、言葉がわかって面白い。

中学生

  • 新聞の切り抜きが宿題になったので、新聞を見る習慣がついた。
  • 新聞社が取材した情報や編集の仕方で同じ事件でも内容が違うんだと思った。
  • 新聞には暗い話も多いけれど、反対に地域であった温かいニュースとかもあって「新聞って面白いんだなぁ」と思いました。日本に住んでいるんだから、日本の良いところも悪いところもちゃんと知っておきたい!!という気持ちが大きくなりました。
  • 今まで新聞を読んだりして自分の意見を持っても、誰かと話すことがなかったけれど、NIEの活動で友達と話し合う機会が増え、新聞は出来事を知るだけではないという考えに変わりました。

高校生

  • 新聞の記事から知識が深まり、その知識をもとにして発言や発表など表現力が高まった。
  • これまでテレビ欄、スポーツ欄しか読んでなかったが、その他の記事を読むようになった。毎日読んでいると世の中の動きがつながっていることに気づいた。
  • 自分の考えをまとめて自分の言葉で書く力もついたと思う。そしていろいろな記事の感想を書いていくうちに「知らなかった自分」を知ることができたと思います。私はこういう風に考えるのかと、文字になって初めて気づいたことがたくさんありました。

新聞協会のNIE推進事業

新聞協会のNIE推進事業は、大きく新聞提供事業と研究・PR事業――に分けられます。